濵田政徳の1分足トレード理論

MetaTraderの時間軸は1分足から表示されます

もちろん、秒速で動きを表示するチックチャートもありますが

トレードに実用的なチャートは1分足からです

1分足の定点観測(分析)

1分足のローソクは、当然1分間の4本値を表示します

そこで、1分間のローソクの羅列から何を見るのか?

と言う問題を見てゆきましょう

私の場合は、MA(MuvingAverage)を使用したラインは使っていません

分単位で表示するチャートには、1分足、5分足、15分足、30分足

この4種類のチャートが用意されています

その中でも最速の1分足チャートから何を読み取るのか?

過去30分間の高値と安値

過去1時間の高値と安値

そして、1分足チャートにおける最大値は4時間とします

それは、相場変動が常に一定の期間をもって振幅を繰り返しながら

移動して行く状態をラインで表示して

今後の移動方向を予測する事が最も合理的だと考えるからです

NTS-3HLBandによる観測と分析

以上の理論を基礎にした分析ツールが、3段階のHighLowバンドです

最初に4時間を時限とした高値と安値のバンドを形成し

その平均値を算出したものと、3本のラインを表示させます

中心のラインは、4時間の中心ラインですから、

2時間の平均価格ラインとなります

2番目のバンドは、2時間の高値と安値+平均値ラインです

MT4のライン表示の1プログラムでは8本の制限がありますので

残り2本となります

残りの2本のラインは、1時間の高値と安値ですが

場合によっては、30分の安値高値にパラメーターで切り替えます

以上で1分足での定点観測(一定時間の移動観測)プログラムは完成です

スキャルトレードは8本のラインで十分

秒速あるいは分速で反動する相場から利益を得るには

この8本のラインの動きをしっかり確認しながら

その小さな相場変動の頂点と頂点を狙って

ポジションを取る事により、ほぼ確実なトレードを進めることができるでしょう

指標は常に、1時間、2時間、4時間の相場を監視していますので

この範囲内にある相場変動から素早く利益を取り込む事に専念する

それが最も重要な点です

この1分足トレードの欠点

いずれの相場分析ツールにも

長所があると同時に短所もあります

其のことをしっかり頭に入れておかないと、

何を使っても失敗トレードを繰り返す事になります

まず考えられる事は

1時間、2時間、4時間として指定したにも関わらず

それらのラインが同一位置となる場合の対処方法です

つまり、1時間の高値も2時間の高値も同じになったり

場合によっては、3つの時間価格が同一となる場合があると言う事です

そのような場合には、もう1分足チャートでの解決策はありません

5分足チャートや、15分足チャートに切り替える必要があります

それでは、次回は5分足チャート、15分足チャートでの

定点観測(一定時間観測)をどのように進めるのか?

と言う問題を解説する事にします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です