チャート分析から予測への進化

為替・株のチャートを分析するのは何のため

罫線分析ツールは何に使用するのですか?

それは今後の価格がどのように動くかを知る為です

それが確実に分かれば、お金を稼ぐことができます

しかし、それが中々うまくいかないんです

ほとんどの場合、分析のための分析をしている場合が多いからではないでしょうか

分析の手法をあれやこれやと探し、やっと納得できる分析法にたどり着いても

さて、実際に売買行動を進めると、思ったように成果が出せないのです

成果がだせない・・・つまり損金をだす、損ばかりする

あるいは、一時的に稼げてもある程度の期間が過ぎると、結局は損している

そのような場合が多いのではないでしょうか?

技術的に見れば、それは、あまりにも過去のチャートにこだわったり

過去の変動パターンを気にしすぎると言う事もあるのかも知れません

私の研究結果では、その様な過去の相場変動を分析した結果を

どのように今後の相場展開の予測に役立てるのか?

と言う問題点を掘り下げることに専念してきました

過去と現在と未来

それは、人間社会の全ての事柄に通じる問題点です

過去を見ながら現在を生きて未来を形作る

チャート分析でも、同じような姿勢で臨まないと

良い結果を出す事は出来ないようです

特に、今現在の状況をしっかり把握して未来に向かって行動する

分かっているようで技術的な問題や人間行動の問題がそこにはあります

FXチャートの場合は、今現在のローソクを形成する時点の様子を

信号化する、数値化する・・・事を考え実際にプログラムを工夫してきました

その結果をYOUTUBEで公開していますので

是非、ご覧ください

貴方がプログラマーなら、説明を聞くだけで同じものが作成できるかも知れません

何故?このような大事な情報を一般公開するのか?

それは私には時間が無いからです

一人の技術者として、どのような反響があるのか知りたいと言う事もあります

販売を目的としていませんので、サクラもいませんし

コメントをいただいても返事ができないかも知れません

しかし、日本のトレーダーの方や、トレーダーを目指す方々の参考になれば

それも社会貢献・・・と言うことでしょうか?

分析結果が正しく表示されても、正しい予測結果を得ても

その先には、ツールを使いこなす訓練がある事を忘れてはなりません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です