注目

濵田政徳の1分足トレード理論

MetaTraderの時間軸は1分足から表示されます

もちろん、秒速で動きを表示するチックチャートもありますが

トレードに実用的なチャートは1分足からです

1分足の定点観測(分析)

1分足のローソクは、当然1分間の4本値を表示します

そこで、1分間のローソクの羅列から何を見るのか?

と言う問題を見てゆきましょう

私の場合は、MA(MuvingAverage)を使用したラインは使っていません

分単位で表示するチャートには、1分足、5分足、15分足、30分足

この4種類のチャートが用意されています

その中でも最速の1分足チャートから何を読み取るのか?

過去30分間の高値と安値

過去1時間の高値と安値

そして、1分足チャートにおける最大値は4時間とします

それは、相場変動が常に一定の期間をもって振幅を繰り返しながら

移動して行く状態をラインで表示して

今後の移動方向を予測する事が最も合理的だと考えるからです

NTS-3HLBandによる観測と分析

以上の理論を基礎にした分析ツールが、3段階のHighLowバンドです

最初に4時間を時限とした高値と安値のバンドを形成し

その平均値を算出したものと、3本のラインを表示させます

中心のラインは、4時間の中心ラインですから、

2時間の平均価格ラインとなります

2番目のバンドは、2時間の高値と安値+平均値ラインです

MT4のライン表示の1プログラムでは8本の制限がありますので

残り2本となります

残りの2本のラインは、1時間の高値と安値ですが

場合によっては、30分の安値高値にパラメーターで切り替えます

以上で1分足での定点観測(一定時間の移動観測)プログラムは完成です

スキャルトレードは8本のラインで十分

秒速あるいは分速で反動する相場から利益を得るには

この8本のラインの動きをしっかり確認しながら

その小さな相場変動の頂点と頂点を狙って

ポジションを取る事により、ほぼ確実なトレードを進めることができるでしょう

指標は常に、1時間、2時間、4時間の相場を監視していますので

この範囲内にある相場変動から素早く利益を取り込む事に専念する

それが最も重要な点です

この1分足トレードの欠点

いずれの相場分析ツールにも

長所があると同時に短所もあります

其のことをしっかり頭に入れておかないと、

何を使っても失敗トレードを繰り返す事になります

まず考えられる事は

1時間、2時間、4時間として指定したにも関わらず

それらのラインが同一位置となる場合の対処方法です

つまり、1時間の高値も2時間の高値も同じになったり

場合によっては、3つの時間価格が同一となる場合があると言う事です

そのような場合には、もう1分足チャートでの解決策はありません

5分足チャートや、15分足チャートに切り替える必要があります

それでは、次回は5分足チャート、15分足チャートでの

定点観測(一定時間観測)をどのように進めるのか?

と言う問題を解説する事にします。

自動売買トレ―ド・始めました

最近は投稿数も少なく、コメントも無いので公開する意欲も薄れてきましたが、

宣伝すると言うよりも自分の実績を再確認するためのブログとなっていますので

読者を勧誘するとか、嘘で騙すとかの必要すらありません、

しばらくは、脳梗塞で入院のためにFXも中断していましたが、

ようやく、元気がでてきました、

昔から数百、おそらく1000機種以上の自動売買プログラムも

作成したり動作テストを繰り返していたのですが、

今でも、ラクチンの自動売買による実戦運用が夢であることに変わりはありません。

やり残している事と言えば、自動的に利益を積み上げること・・・

自分で作ったロボットで勝ち進むFXトレード

やり残してきたことを整理する意味からも、再度の挑戦を始めました。

Strategy Tester ReportNTS-BSS-IRL-Trend-2020FXTF-Live (Build 1260)

通貨ペアGBPUSD-cd (Great Britain Pound vs US Dollar)
期間15分足(M15) 2020.03.02 00:00 – 2020.07.08 23:45 (2020.03.01 – 2020.07.09)
モデル全ティック (利用可能な最小時間枠による最も正確な方法)
パラメーターLots=0.01; ProfitTarget=90; StopLoss=45; EntryCount=2; IRL_Risk=48; Slippage=0;
テストバー数9929モデルティック数4581711モデリング品質90.00%
不整合チャートエラー10
初期証拠金10000.00スプレッド現在値 (70)
純益212.39総利益996.65総損失-784.27
プロフィットファクタ1.27期待利得0.81
絶対ドローダウン29.25最大ドローダウン78.39 (0.77%)相対ドローダウン0.77% (78.39)
総取引数262売りポジション(勝率%)135 (40.00%)買いポジション(勝率%)127 (45.67%)
勝率(%)112 (42.75%)負率 (%)150 (57.25%)
最大勝トレード9.03敗トレード-5.71
平均勝トレード8.90敗トレード-5.23
最大連勝(金額)8 (70.57)連敗(金額)9 (-46.79)
最大連勝(トレード数)70.57 (8)連敗(トレード数)-46.79 (9)
平均連勝2連敗3

以上の成績は15分足の物ですが、

注目していただきたいのは、

利益確定設定90に対して、損切設定45・・・の2対1で勝ち進んでいる事です。

これまでの私の展開する理論から見れば、

誰よりも早く、誰よりも確実に利益に向かうトレードの実現ですから、

トレンドの最先端を確実に把握することを目的とするなら、

1分足チャートで常勝するロボットの開発が先端的な技術となることは明らかです。

次回は、

その1分足チャートで常勝するテストデータを公開する予定です。

これは、すでにライブ口座で運用中の自動売買となっています。

NTSの指標開発の実績と目標をご存じの方は、

そこまで技術的に進んでいるのかと驚かれる方もいるようです。

どのチャートで取引を進めるのか?

その答えは

全てのチャートです、1分足から4時間足チャートまでを全てチェックして

大きな相場変動の流れと、短い時間での変動の流れを見ながら

ポジジョンを取るタイミングを見つける

そして、手じまいするタイミングを見極める

それで、一つの取引は完了します。

そんなことは、誰でもわかっていますね

分かっているけれど

なかなか、利益を積み上げることができない

それが一般的な為替取引の実態ではないかと思います。

目的を持った指標の活用

昔から利用されてきた、罫線分析ツールは無数にあります

高値を観測する、安値を観測する

時間的な価格のクロスを観測する

それでも尚、価格変動の転換点

上昇から下降への転換

下降から上昇への転換

小さな振幅、大きな振幅

短期的な変動と相場展望、長期的な変動と相場展望

それらが入り混じって、同時に起こったり、起こらなかったりするので

どこかで妥協点を見出す必要が出てきます

そして、それは利益を確保しながらと言う条件付きです

それらの条件を総合して考えると

目的を持った指標を一つ二つと組み合わせてみると

狙いを絞る事ができる事がわかってきました

私の場合は現在、17個の指標を組み合わせて判断しています。

目的が違うものを混同しない

複数の指標を組み合わせる場合には

それぞれの指標の特徴と目的を混同しない事が大切です

複数の指標を組み合わせると

どこかで、指標に矛盾が出てくる

あるいは、判断するのに矛盾が生じる事が、たびたび起こりえます

それを解決するには、使い込む、お金を使い込むのではなく

指標を使い込む、何度も何度も検証すると言う作業が必要です

そうすると確信を得られる時がやってくるでしょう

A指標とB指標のどちらを優先するのか?採用するのか?

これはもう経験値と呼ぶしかないでしょう

待つこともトレードのうち

売ったり買ったり、利益を確定しクリックする、損切を確定しクリックする

それだけが、為替取引の全てのように思いがちですが

待つこともトレードの大事な要素である事を忘れてはいけません

目的の価格に到達するまで待つ

目標の指標に到達するまで待つ

数分で済む場合もありますが、時には何時間も待たされます

そんなことをしないで

待っている間も相場は動いているんだから、売買したら?

いいえ、そんな考えが取引の失敗を招く原因となっている場合も数多く

あるのではないでしょうか?

為替取引や株取引で儲からない訳

為替取引や株取引で儲からない訳

その理由は簡単です、

証券マンやアナリストの情報しかない事が原因

彼らは、会社の利益を上げるために雇われた、その道のプロ

目的は、会社の利益を上げる事であって

顧客の利益を上げる事ではないのです。

そんなことは無い、顧客をもうけさせて会社も儲かる・・・のでは?

それは、考えが甘いですね

経済とは、誰かが損をして、誰かが儲かる

誰かが損をした分だけ、誰かが儲かる、それが大原則です。

みんなが儲かる、それはお金を印刷できる権力なり権利を持っている人

そんな人が参加している場合だけ

お金は一定の金額が市場に出回っているだけです

一定のお金が移動する、一方が儲かると一方が損をする

新しいお金が次々と供給される訳ではありません

お金の流れの仕組みが理解できていない人を、甘言で利用して

株を買わせたり、金融取引を勧めてお金もうけをする

それが証券会社や証券マンやアナリストの役目です

顧客を騙してでも、お金を集めてこないと

証券マンアナリストは首になります

利益を持ってこない社員に払う給料がわいてくる訳ではありませんからね

それでも、株取引や為替取引で儲けたいのなら

証券会社や銀行と肩を並べる位置になるまで、金融取引の事を

勉強して頑張るしか方法はありません

これが、株取引為替取引で儲けることのできない原因です

まだまだ、書きたいことは沢山あるのですが

私も一匹オオカミで全て独学で為替取引を15年以上続けていますので

皆さんのお役に立てることもあるかも知れません

為替取引や株で儲かっている人と

個人的にお友達になる・・・それも良い方法だと思います。

2020年はコロナ問題も拡大する一方で

世界的な経済恐慌が噂される事態となっています

何とか頑張って生き残りをかけて毎日を戦う事を願っています。

2020年4月15日

◆現在のチャート分析ツール、罫線分析ツールの問題点

◆現在用いられているチャート分析ツール、罫線分析ツールの問題点を考えてみましょう。

為替や株の価格変動が上下する現象を表示するチャートですが

単純に平面上を上下に移動するだけなのに、何故正確な予測ができないのでしょうか?

現在の価格変動を計測するものの代表格はMovingAverageです。

昔はその移動平均線を8本並べただけで、巨額の財産を築けたというGMMAラインがあったそうですが、

現在の為替や株の価格変動は、複雑怪奇であり色々の手法をもってしても簡単に今後を予測できないのが現状でしょう。

それは、現代の社会情勢の複雑さや、一部で噂される自動売買ソフトの参入などが原因ともいわれます。

そのほとんどの指標がMovingAverageを基本とした計算式を用いて再計算し指標を構成しています。

あるいは、過去の価格変動の何%などという根拠のない気休めの指標が用いられている現状があり、

それらの全ては、1分足であれば最低でも5~6分の時間経過を待たなければ指標として成立しない仕組みとなっています、

1時間足であれば、5~6時間の経過を必要とすると言う意味なのです。

◆それでは、もっと早い段階で今後の相場変動を予測する手段は無いのでしょうか?

技術的な面から、方向を探知するには、固定されたA点と、固定されたB点、それと自分の位置X点の関係を計算する事で、

自分がどちらに向かっているのかを知る方法が用いられます。

それは、為替・株チャートでは一定の高値A点、一定の安値B点、移動する自分の位置(現在のローソク)の3点からも計測する事ができます。

その場合の問題点は、一定の高値と一定の安値をどのように決定するか?と言う問題点があります、

それは、過去の相場変動を見ればわかるように、上下に小さく、あるいは大きく変化しながら進んできているからです、

そこで、次の段階の設計(設定)に移ります。

◆上下に変化する高値A点、上下に変化する安値B点、上下に変化する自分の位置(現在のローソク)X点と定義します。

この三点の位置関係を計算する数式を用いれば、ローソクが5~6本も追加される時間を待たなくても、

今後の相場変動のより未来に近い情報を得られるのではないのか?

それが、私のチャート分析革命の中心的な理論となっています。

その情報を補佐する指標が、①日足チャートの状況であり、②4時間足の状況であり、③1時間足の状況である、

④7つの時間軸の動向を指標するものであり、⑤更に最も早く相場変動を感知できる1分足の状況が補佐します。

以上で、場所や角度の違う6個の指標を用いることにより、

誰よりも早く、誰よりも正確に今後の相場変動の方向を確定しよう・・・と言う試みです。

◆さて、結果はすでに出てきていますが、まだまだ長い時間検証する必要があるでしょう、

それは、自分の資産の増減に直接関与するもんだいであるだけに慎重にならざるを得ません。

状況をYOUTUBE動画チャンネルをご覧頂きたいと思います。

チャート分析から予測への進化

為替・株のチャートを分析するのは何のため

罫線分析ツールは何に使用するのですか?

それは今後の価格がどのように動くかを知る為です

それが確実に分かれば、お金を稼ぐことができます

しかし、それが中々うまくいかないんです

ほとんどの場合、分析のための分析をしている場合が多いからではないでしょうか

分析の手法をあれやこれやと探し、やっと納得できる分析法にたどり着いても

さて、実際に売買行動を進めると、思ったように成果が出せないのです

成果がだせない・・・つまり損金をだす、損ばかりする

あるいは、一時的に稼げてもある程度の期間が過ぎると、結局は損している

そのような場合が多いのではないでしょうか?

技術的に見れば、それは、あまりにも過去のチャートにこだわったり

過去の変動パターンを気にしすぎると言う事もあるのかも知れません

私の研究結果では、その様な過去の相場変動を分析した結果を

どのように今後の相場展開の予測に役立てるのか?

と言う問題点を掘り下げることに専念してきました

過去と現在と未来

それは、人間社会の全ての事柄に通じる問題点です

過去を見ながら現在を生きて未来を形作る

チャート分析でも、同じような姿勢で臨まないと

良い結果を出す事は出来ないようです

特に、今現在の状況をしっかり把握して未来に向かって行動する

分かっているようで技術的な問題や人間行動の問題がそこにはあります

FXチャートの場合は、今現在のローソクを形成する時点の様子を

信号化する、数値化する・・・事を考え実際にプログラムを工夫してきました

その結果をYOUTUBEで公開していますので

是非、ご覧ください

貴方がプログラマーなら、説明を聞くだけで同じものが作成できるかも知れません

何故?このような大事な情報を一般公開するのか?

それは私には時間が無いからです

一人の技術者として、どのような反響があるのか知りたいと言う事もあります

販売を目的としていませんので、サクラもいませんし

コメントをいただいても返事ができないかも知れません

しかし、日本のトレーダーの方や、トレーダーを目指す方々の参考になれば

それも社会貢献・・・と言うことでしょうか?

分析結果が正しく表示されても、正しい予測結果を得ても

その先には、ツールを使いこなす訓練がある事を忘れてはなりません

NTSチャート分析革命

どんな革命が起こったのか?

◆これまでのテクニカル分析の主流であったアナログ的ラインによる相場の上昇と下降の判断をすべて矢印と数値による判断ができるようになりました。

◆MT4では9つの時間軸がありますが、時間軸を切り替えて分析データを照合したり、合成した判断を個人的な経験を基にした上昇と下降の予測判断を必要としていましたが、その必要性がなくなりました。

それは、全ての時間軸チャートに全ての時間軸の上昇と下降の分析データを同時に表示できるようになった事により解決できます。

更にこれまで、どの時間軸チャートを見ながらトレードすれば良いのかという問題点も同時に解決する事ができます。

どの時間軸でも同じように安全なトレードを進めることができるようになると、自分の資金力、思考力、経験値に応じた最適な時間軸を選択できるので非常に有利な条件で最適な環境と快適な心理状態で取引が進められるでしょう。

◆それらの詳細な情報はYOUTUBE動画でアップしていますので、第一回から順番に見ていただくことによって学習できるようにしています。

尚、ここで使用する分析プログラムは当分の間、検証と組み合わせの研究のため販売はしないことにしております。

◆動画は今後、限定公開となりますのでYOUTUBEの会員登録と同時に閲覧の登録もお願いします。

◆本ブログおよびYOUTUBE動画は、分析プログラム、分析システムの販売を目的としておりません、同時にYOUTUBEの宣伝収入を目的として降りませんので、予告なく終了削除する場合もありますので、あらかじめご了承ください。

日本発・為替株チャート分析革命

◆現在のチャート分析に満足していますか?


◆現在のチャート分析に満足していますか?

◆どの時間軸を中心に相場判定を行っていますか?

◆売買判断や手仕舞い判断に複数のチャートを同時に表示していますか?

◆為替や株のチャート分析にとって最大の問題点は何でしょうか?

上昇するか下降するかのたった二つの方向性が見出せずにどれだけ多くの人々が悩み苦しんでいる事でしょうか?


◆売買判断や手仕舞い判断に複数のチャートを同時に表示していますか?

売買判断や手仕舞い判断に複数のチャートを同時に表示していますか?

どのようなチャートも1本だけのチャートのプラットフォームは目にしたことはありませんし、現実的に不可能でしょう、それは時間の流れに対して価格の変動幅が非常に大きいことが原因だと考えられます。

MT4では、1日の価格変動の様子を9時間軸に分けて表示する方法を取っていますが、この時間軸を分割してグラフ表示する事が、チャート分析の難易度を高くしていると考えることもできます。

それは、時間区切りの違いでグラフそのものの形が全く違うものとして見えることからも推察できるものです。

それでは、相場分析の技術的な面から見た場合に、それらの問題を解決する方法は無いのでしょうか?

AD変換技術あるいはDA変換技術を駆使して相場変動を一連の連続した変動グラフとして表示することはできないのか?

それが可能となった場合に分析結果のメリットは何であるのか?

それは、ある課題を目標にした多くの実験によって得られるでしょう。

MT4のすべての時間軸に表示される相場変動のデータは、現在のキャンドルを除けばすべてが過去のデータに過ぎません。

過去のデータの羅列を、色々の方法で分析して売買を進行する行為は、過去の相場変動の動きは繰り返されると言う考え方が前提にあって初めて成立する分析技法ではないのか・・・と私は考えています。

金融業界に限らず、人間社会では過去のデータと現在あるいは直近のデータを見比べるという分析手法をとっています。

それは、在る意味で正しいとも言えるし間違っているとも言える物ではないのでしょうか?


◆為替や株のチャート分析にとって最大の問題点は何でしょうか?

話を元に戻して、MT4チャートで1日の相場変動を分析するために、1分足の過去キャンドルを1440本並べて数値化する場合と、日足チャートの最後のキャンドルを1440に分割して数値化した場合には、どのような違いがあると考えますか?

AD変換、DA変換技術によって過去のデータ分析より、現在進行中のデータ分析のほうが、未来に一歩近い存在だと言えると思います。

過去の相場変動のデータは未来を予測すると言う目的から見れば何の意味も持たないと仮に結論つければ、現在進行中の最新データを瞬時瞬時に分析できれば、それが最も未来に近い分析だと考えることができるでしょう。

それはおそらく、私の知る限りではチャート分析にとって革命的な出来事です。

もちろん、それは、為替取引で株の取引で100%の勝率を確保できるものでなければ意味はありません。

2020年1月6日より、その新しい分析による取引が展開されます、その結果はYOUTUBEで公開することにしていますので、興味のある方はぜひご覧ください。

限定公開となります、チャンネル登録を済ませてお待ちください。

新しい分析プログラムは、万全の体制で取引に臨むべく微調整を繰り返して新しいフォルダに収められました。

2020年1月3日

#MetaTrader4分析革命

為替取引でおなじみのMetaTrader4ですが、世界各国で最も多く使われていると言われる取引プラットフォーム

その相場変動の分析に革命が起きるでしょう

MT4の名称で親しまれている取引プラットフォームですが

その特徴は、何と言ってもユーザーが作成したプログラムが自由に使用できる点です

すでに世界各国のユーザーによる、指標や自動売買プログラムが

数千種類、数万種類も開発され無料で提供されているものも数多くあります

私もMT4の使用はもちろんの事ですが、プログラム開発に携わってきました

15年もの間、MT4との格闘の歴史がようやく花開こうとしています

指標は過去データの羅列でしかない

指標開発の出発点は、MT4の9つの時間軸とそれに対応する指標プログラムの開発です

指標は、いずれも過去の取引実績データを取り入れて、計算し再計算し

そして、ラインや矢印、模様を描いて未来の相場を予測しようとするところから始まります

過去・・・現在・・・未来

1分足チャートの過去は、1分前から後ろに向かってデータが蓄積されています

5分足チャートの過去は、5分前から・・・・・・

1時間足チャートの過去は、1時間前から・・・・・

そして、指標を基にした未来の相場展開を予測するには、それぞれの時間軸に応じた時間が経過しないと予測を確定的にできないでいるのが現状です

しかも、その未来予測は誰よりも早く確定させることが重要です

発想の転換と検索技術

MT4チャートにおける最速のチャートは1分足ですが

更に高速の10秒足があればどうでしょうか?

しかし、それは相場変動の表示が早ければ早いほど良いと言う問題ではありません

10秒単位で物事を見る・・・10秒単位で計測する・・・10秒単位で検索する

それは、1分足で10本のローソクで観測し判断する(できる)・・・10分が必要

5分足では・・・50分が必要

15分足では・・・150分が必要

などと比較すれば、はるかに速い時間で相場の上昇と下降を観測し判断できる事になります

技術的には、1分足チャートの最後の1本・・・つまり現在形成中のローソクを計測すると言う意味になります

それは、これまで最短と思われてきた1分以上前(過去)から・・・

1分以上前までの #過去のデータ処理 をしてきた従来の指標の欠点を補うには十分でしょう

1分以上前を過去としてデータ処理をした場合と

1秒以上前を過去としてデータ処理をすれば、今まで見えなかったものが見えてくるでしょう

そして、それはNTSによって完成されました

それが、どのような指標なのか?

そして、それは1分足チャートだけではありません

5分足、15分足、30分足・・・すべてのMT4の9つの時間軸チャートに技術移転する事ができます

過去時限のデータ処理から現在時限のデータ処理に

これまでの全ての為替チャート、株チャートでは

総てが過去時限のデータに基づいた指標が作成され

その指標によって、誰もが今後の#相場判断 を行い

その指標の組み合わせや、判断材料の組み合わせ、そして取引の総合的な経験値

そのことによって、#相場投資の成功か否か が決定されてきたと言えるでしょう

しかし、現在時点のデータ処理を組み入れることによって

総合的な #相場判断の経験値 に大きな、そして革命的な事変が起こりました

それは、相場取引の結果の成否の確率が格段に向上した・・・と言う事です

これらの相場判断の革命的な事実は

やがてNTSによって、動画として公開されるでしょう

画像は、このサイトにアップしていますので、じっくりとご覧ください

NTS-BSS-7 シリーズは現在 #H4チャート 対応までを作成し検証中です

上昇と下降を指標する類の指標は一切必要とはしなくなりました

残る問題点は・・・適正な利益確定ラインの設定、適正な損切ラインの設定のみです

そして、それも NTS-8HL シリーズ指標で完璧な取引成功の体制を整えることができるでしょう

FX取引はいつまでできる?

ネットの世界では、世界的な経済戦争、金融破綻の情報にあふれています

米中の経済戦争貿易戦争、香港の緊迫した騒動、台湾情勢、

ソフトバンクの破綻と連鎖倒産の情報

世界的な経済の仕組みそのものが破綻しているとの情報も飛び交っています

会社の業績とか、国の信用度とかをはるかに上回る大問題ですので

FX取引の世界も無関係と言うわけにはいきません

逆に最も先に直接的な影響を受けると考えるべきでしょう

その経済戦争の行方の成り行きによっては、大打撃を受けると同時に

大きなチャンスであると言う見方をする情報もあるようです。

大きな経済ショックはどちらに?

世界的な金融破綻、経済破綻が起これば

為替の世界では何が起こるのか?

状況の段階にもよりますが

日本円の暴騰・・・円が極端に高くなる・・・円高を誘導する

と言う意見が圧倒的に多いようです。

2019年11月23日(土)

USDJPY・・・108.614・・・104.830?以下に

GBPJPY・・・139.317・・・126.913?以下に

EURJPY・・・119.694・・・116.230?以下に

CHFJPY・・・108.898・・・106.976?以下に

以上のような想定も持っておくべき時がきていると考えるべきでしょう。

世界経済の大きな流れに押しつぶされるか、それとも、大躍進を遂げるか?

現在の貴方のFX取引環境に照らし合わせて

しっかりと考え計算し、波乱を乗り切る覚悟を決めるべきではないでしょうか?

南海トラフ大地震の準備が整った?

先の東北大地震は人口地震であったと言う仮説が真実だとすれば

和歌山県沖で作業をしている【地球号】は何をしているのか?

核爆弾をセットしているのか?

この問題は、皆さんで個人的に情報を集めることをお勧めします。