ログイン
ユーザ名:

パスワード:


SSL
パスワード紛失

新規登録

AMAZON-P

AMZ1

FxPro

XM.com









AMAZON







本日のトップニュースブロック

本日のトップニュースはありません

FAQ(よくある質問と回答)

メインページ »» High&LowBandについて

目次


-4HLバンドはどのように設定しますか?ー
◆相場変動の高値と安値を監視する事により、相場の反転ポイントを詳しく観測する事ができます、現在のポジションを決済する、切り捨てる判断のほか、BUYからSELLに切り替えるポイントを確定するための指標として有効です。

◆バンドのパラメータ設定では、特に時間を意識した数値の設定が重要なポイントとなります、30分、1時間、4時間、24時間、といった時間区切りが重要ですから、時間軸に応じた数値の設定に心がけると良いでしょう。

◆たとえば、1分足チャートでは、30分、1時間、4時間、24時間の4段階をセットして、そのラインの動きを観察すれば、比較的早い時間に相場の斑点を察知する事が可能になるでしょう。

◆それぞれの時間軸で、時間区切りを考慮しながらパラメータの設定を行い、その結果を見ながら、時間区切りを微調整する事により、通貨別の相場反転の特徴を掴むこともできるでしょう。
High&Lowバンドの機能について
◆High&Lowバンドは相場変動の平均値を表示する指標の一種です、移動平均の高値クローズ値と安値を表示する方式と、最高値と最安値を表示する2つの方式があります。

◆一般的には高値クローズ、安値クローズの平均値をバー数を指定してバンド表示させます、この場合にはクローズ値を超える最高値が存在する場合には、バンドラインから突き出たラインとして表示され、バンドブレイクがあったと表現します。

◆バンドブレイクが発生すると、それは相場が反転する合図、あるいは反転する兆しとして利用する事ができます。

◆NTSでは、1プログラムで4段階のバンドを形成する-4HLBand-システムを時間軸ごとに用意しています。


投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
検索
新着リンク
高評価リンク
AMAZON検索