SQL/DB Error:
[Table 'aglocojapan_forex.8739nts_wp_blacklist' doesn't exist]
SELECT * FROM 8739nts_wp_blacklist WHERE regex_type = 'option'

NTS-FOREX - NTS-FOREX-FX取引に関する新理論 : 現在のチャート分析の問題点 by admin

WordPress 検索

ログイン
ユーザ名:

パスワード:


SSL
パスワード紛失

新規登録

WordPress 月別過去ログ

WordPress Link

AMAZON-P

AMZ1

AMAZON







本日のトップニュースブロック

本日のトップニュースはありません

WordPress 投稿者ブロック
WordPress 記事ブロック

2020年2月17日(月曜日)

現在のチャート分析の問題点

◆現在用いられているチャート分析ツール、罫線分析ツールの問題点を考えてみましょう。

為替や株の価格変動が上下する現象を表示するチャートですが

単純に平面上を上下に移動するだけなのに、何故正確な予測ができないのでしょうか?

現在の価格変動を計測するものの代表格はMovingAverageです。

昔はその移動平均線を8本並べただけで、巨額の財産を築けたというGMMAラインがあったそうですが、

現在の為替や株の価格変動は、複雑怪奇であり色々の手法をもってしても簡単に今後を予測できないのが現状でしょう。

それは、現代の社会情勢の複雑さや、一部で噂される自動売買ソフトの参入などが原因ともいわれます。

そのほとんどの指標がMovingAverageを基本とした計算式を用いて再計算し指標を構成しています。

あるいは、過去の価格変動の何%などという根拠のない気休めの指標が用いられている現状があり、

それらの全ては、1分足であれば最低でも5〜6分の時間経過を待たなければ指標として成立しない仕組みとなっています、

1時間足であれば、5〜6時間の経過を必要とすると言う意味なのです。

◆それでは、もっと早い段階で今後の相場変動を予測する手段は無いのでしょうか?

技術的な面から、方向を探知するには、固定されたA点と、固定されたB点、それと自分の位置X点の関係を計算する事で、

自分がどちらに向かっているのかを知る方法が用いられます。

それは、為替・株チャートでは一定の高値A点、一定の安値B点、移動する自分の位置(現在のローソク)の3点からも計測する事ができます。

その場合の問題点は、一定の高値と一定の安値をどのように決定するか?と言う問題点があります、

それは、過去の相場変動を見ればわかるように、上下に小さく、あるいは大きく変化しながら進んできているからです、

そこで、次の段階の設計(設定)に移ります。

◆上下に変化する高値A点、上下に変化する安値B点、上下に変化する自分の位置(現在のローソク)X点と定義します。

この三点の位置関係を計算する数式を用いれば、ローソクが5〜6本も追加される時間を待たなくても、

今後の相場変動のより未来に近い情報を得られるのではないのか?

それが、私のチャート分析革命の中心的な理論となっています。

その情報を補佐する指標が、‘足チャートの状況であり、■柑間足の状況であり、1時間足の状況である、

ぃ靴弔了間軸の動向を指標するものであり、ス垢忘任眩瓩相場変動を感知できる1分足の状況が補佐します。

以上で、場所や角度の違う6個の指標を用いることにより、

誰よりも早く、誰よりも正確に今後の相場変動の方向を確定しよう・・・と言う試みです。

◆さて、結果はすでに出てきていますが、まだまだ長い時間検証する必要があるでしょう、

それは、自分の資産の増減に直接関与するもんだいであるだけに慎重にならざるを得ません。

状況をYOUTUBE動画チャンネルをご覧頂きたいと思います。


2020年1月2日(木曜日)

#MetaTrader4分析革命

カテゴリー: - admin @ 23時23分36秒

#MetaTrader4分析革命

為替取引でおなじみのMetaTrader4ですが、世界各国で最も多く使われていると言われる取引プラットフォーム

その相場変動の分析に革命が起きるでしょう

MT4の名称で親しまれている取引プラットフォームですが

その特徴は、何と言ってもユーザーが作成したプログラムが自由に使用できる点です

すでに世界各国のユーザーによる、指標や自動売買プログラムが

数千種類、数万種類も開発され無料で提供されているものも数多くあります

私もMT4の使用はもちろんの事ですが、プログラム開発に携わってきました

15年の間、MT4との格闘の歴史がようやく花開こうとしています

◆従来の指標は過去データの羅列でしかない

指標開発の出発点は、MT4の9時間軸とそれに対応する指標プログラムの開発です

指標は、いずれも過去の取引実績データを取り入れて、計算し再計算し

そして、ラインや矢印、模様を描いて未来の相場を予測しようとするところから始まります

過去・・・現在・・・未来

1分足チャートの過去は、1分前から後ろに向かってデータが蓄積されています

5分足チャートの過去は、5分前から・・・・・・

1時間足チャートの過去は、1時間前から・・・・・

そして、指標を基にした未来の相場展開を予測するには、それぞれの時間軸に応じた時間が経過しないと予測を確定的にできないでいるのが現状です

しかも、その未来予測は誰よりも早く確定させることが重要です

◆発想の転換と検索技術

MT4チャートにおける最速のチャートは1分足ですが

更に高速の10秒足があればどうでしょうか?

しかし、それは相場変動の表示が早ければ早いほど良いと言う問題を提起しているだけではありません

10秒単位で物事を見る・・・10秒単位で計測する・・・10秒単位で検索する

それは、1分足で10本のローソクで観測し判断する(できる)・・・10分が必要

5分足では・・・50分が必要

15分足では・・・150分が必要

などと比較すれば、はるかに速い時間で相場の上昇と下降を観測し判断できる事になります

技術的には、1分足チャートの最後の1本・・・つまり現在形成中のローソクを計測すると言う意味になります

それは、これまで最短と思われてきた1分以上前(過去)から・・・

1分以上前までの #過去のデータ処理 をしてきた従来の指標の欠点を補うには十分でしょう

1分以上前を過去としてデータ処理をした場合と

1秒以上前を過去としてデータ処理をすれば、今まで見えなかったものが見えてくるでしょう

そして、それはNTSによって完成されました

それが、どのような指標なのか?

そして、それは1分足チャートだけではありません

5分足、15分足、30分足・・・すべてのMT4の9つの時間軸チャートに技術移転する事ができます

過去時限のデータ処理から現在時限のデータ処理に
これまでの全ての為替チャート、株チャートでは

総てが過去時限のデータに基づいた指標が作成され

その指標によって、誰もが今後の#相場判断 を行い

その指標の組み合わせや、判断材料の組み合わせ、そして取引の総合的な経験値

そのことによって、#相場投資の成功か否か が決定されてきたと言えるでしょう

しかし、新しい次元の現在時点のデータ処理を組み入れることによって

総合的な #相場判断の経験値 に大きな、そして革命的な事変が起こりました

それは、相場取引の結果の成否の確率が格段に向上した・・・と言う事です

これらの相場判断の革命的な事実は

やがてNTSによって、動画として公開されるでしょう

画像は、このサイトのリンクブログにアップしていますので、じっくりとご覧ください

NTS-BSS-7 シリーズは現在 #H4チャート 対応までを作成し検証中です

上昇と下降を指標する類の従来の指標は一切必要とはしなくなりました

残る問題点は・・・適正な利益確定ラインの設定、適正な損切ラインの設定のみです

そして、それも NTS-8HL シリーズ指標で完璧な取引成功の体制を整えることができるでしょう


2018年6月3日(日曜日)

分析システムの高度化

カテゴリー: - admin @ 12時20分04秒

FXチャート分析システムの高度化

FX取引のすべては、相場分析によって上昇するのか?下降するのか?

という2つの選択肢をもって、あるいは、予測することによって成り立っている世界である。

ここで問題点となるのは、上昇するのか?・下降するのか?それは何時までか?

それだけが求められる情報であり、その正確さによって利益は確保される世界である。

その他の何の要素がFX業界を動かしているとしても、チャートには正確な業績が記録される。

相場変動を予測する上で非常に大事なことは、人間の生活のリズム、会社経営のリズム、

そして国家維持のためのリズムが大きく関連していると言う事実だろう。

あなたが朝起きて寝るまでの工程を考えてみるとよいだろう。

会社が始業して終了するまでの工程を考えてみるとよいだろう。

それは場合によっては分単位で決定したり行動しなければならない場合もあるだろう。

しかし、分単位ではどうしても解決できない問題も含まれている、

たとえば、東京から大阪まで、1時間以内では移動できないので、

問題を解決するには最低でも1時間、つまり、1時間単位の時間に変更する必要がある、

それを、そのまま為替取引の現場における考え方に変換してみると、為替相場の変動が、人間社会と

どのように関わっているのかを実感できると言うものだろう。

為替相場の変動分析は、為替市場のテイック動向から始まる、秒単位で為替の売り買いの状況が記録されるのが

テイックチャートである、それではテイックチャートを見ていれば勝てるのか?

勝てる人もいれば負ける人もいるだろう。

1分足なら、5分足なら、15分足なら、考え方が同じであればチャート表示の形がどのように変わろうと

結果は同じだろうと言う推測が成り立つのである、

それならば、為替相場を正確に予測するための技術は無いのであろうか?

そこで考えられるのは、相場変動を診る視野を広く持つという事だろう、

1分足から5分足に変更することで視野は5倍に広がるが、そういう意味ではない、

相場変動の視野を広く持つ・・・という事を誤解している人が多いので勝てない人が多いのではないか?

私は、そのように為替取引する人々を分析しているのである。

此のことは私の為替相場分析システムの開発に大きく影響を及ぼしている事実である、

人間は間違いを犯すが、本当の間違いではなく勘違いも多いのである、

しかし、本当の間違いと勘違いの区別は非常に難しい、

そこに迷い込むと、ほとんどの場合抜け出すことができなくなり、疑心暗鬼の状態が続くだろう。

:hammer:


2018年3月22日(木曜日)

癌治療の本質を知ろう!


◆癌と言えば死亡率が高いと言う情報が多い・・・それは本当なのか?

自分で調べた訳ではないので何とも言えないが、私はしばらく免疫治療の情報を集めた時期があった

世界のトップレベルの癌学会では、今でも日本で行われている抗がん剤による治療や、放射線治療に疑問を呈する学者が多いようである

道理的に考えてみれば、癌細胞を攻撃して殺すと同時に、正常な細胞も殺すのでは意味がないと言えることがわかる

人間の体は生れた時から生命維持装置をもっていて、一定の時間を生きるように設計されている

その生命維持装置の大役を果たしているのが、免疫システムである

その免疫システムの能力は、生まれた時に母親の母乳により、母親の免疫システムの殆どを受け継ぐそうである

それでは、母親の母乳を飲まなかった子供はどうなるのか?

母親の免疫の歴史(病気との闘い)を受け継がなかった場合は、最初から自分で経験しながら

病気と闘いながら免疫システムが勉強し経験し、病気に対する抵抗力を積み重ねる事になるそうである

それは、自分の体にある免疫細胞が活動しやすいように生活環境を考えながら生きる必要があるという事である

人間の病気は、親から受け継いだ先天的な遺伝子による病気と、自分の生活環境によるものとに分類できるようである

先天的な問題はここでは置いておくとして、

生活環境による病気は自分自身が注意すれば、ほとんどの病気は患わなくても良いし、直すこともできる事を認識する必要がる

呼吸する空気、飲み水、食べ物、精神状態の安定などが考えられる

これらを意識的に良い方向に向けて努力する事で、多くの病気を予防したり直したりできるはずである

私が自薦しているのは、まず躰の60%以上を占める水分の浄化である、良い水、清らかな水を体に満たす

ミネラル水しか飲まない使わない事、市販されている水分を含む製品は全て薬品処理がなされていると考えたほうが良い

その他の食品も利益優先、社会維持のために数百種類に及ぶ化学薬品が使用されていると聞いている

そこで、私は家庭菜園にいそしみ、自分が栽培した野菜以外はほとんど口に入れない事を心がけている次第である

どんな病気の場合でも、病院に行き医者に診てもらえば、日本の医療システムのコンベアーに乗せられて運ばれてゆく

場合によっては、棺桶に一直線である

間違った薬品を飲ませようが、間違った治療をしようが、医療システムは健全であると法的にも守られるだろう

癌宣告を受けると、患者は病院を信じ、医者を信じ、右往左往してついには命尽きるのが運命である

ガン宣告を受けたら、癌から助かった人の意見や情報をみる事にしよう

それが偽物の情報で有ったとしても、死のベルトコンベアーに任せるより利口と言うものだろう

参考資料

4Life   トランスファーファクター  ブロリコ


2017年11月20日(月曜日)

FX取引のリスク分散とは?

カテゴリー: - admin @ 12時45分53秒


◆ FX取引のリスク分散とは>

リスクを分散させる目的は、成果をより大きくするために用いる手法ですね。

貴方がリスク分散すると言う言葉をどのように捉えているのか?

そのことによってFX取引の命運は大きく異なってくるのではないでしょうか?

◆ 私の考えでは、fx取引のリスクを分散して集中した利益を得るための方策は、

いくつかの分野に亘って実行されるべき問題だと思っています。

◆ 第一番目のリスク分散、あるいはリスク回避の対策としては、

一つのテクニカル分析に頼らない、いくつかの分析システムの総合的結果を用いるべきだと考えています。

勿論、一つの指標で良い結果を出せるのならそれでよいのですが、

相場変動は、そんなに簡単なものでは無いという事を嫌というほど知っている人にしか語れない問題です。

結論として、いくつかの指標結果を総合的に判断する事と、あるいは、複数のテクニカル分析を組み合わせて用いる、

などの分析手法のリスク分散という事に落ち着いてくるのです。

◆ 次の段階では、取引ロット数のリスク分散です、

利益を急ぐあまりに大きなロット数の取引を進めれば、利益も大きいが損金も大きいと言う結果となります。

鳥h気ロット数を、2分割3分割して売買を進めれば、

相場判断のグレーゾーンを調整する事ができるので、損益のリスクを分散する事ができるでしょう。

◆以上の段階がクリアーできてから臨むことが、取引通貨の分散です、

一つの通貨だけでなく、複数の通貨で取引を進める事により

テクニカル分析結果のリスク、取引ロット数のリスク、これらを総合的にリスク分散する事ができるでしょう。

逆に言えば、一つの通貨で勝てない人が複数の通貨で取引すれば勝てるチャンスが増えると言う考え方では、

前進する事は出来ないだろうという事になります。

FX取引におけるリスク分散とは、どのような事を指しているのか?

今回は、このm、音大についての意見です。


WordPress 最近のコメント

2020年2月17日(月曜日)

現在のチャート分析の問題点

◆現在用いられているチャート分析ツール、罫線分析ツールの問題点を考えてみましょう。

為替や株の価格変動が上下する現象を表示するチャートですが

単純に平面上を上下に移動するだけなのに、何故正確な予測ができないのでしょうか?

現在の価格変動を計測するものの代表格はMovingAverageです。

昔はその移動平均線を8本並べただけで、巨額の財産を築けたというGMMAラインがあったそうですが、

現在の為替や株の価格変動は、複雑怪奇であり色々の手法をもってしても簡単に今後を予測できないのが現状でしょう。

それは、現代の社会情勢の複雑さや、一部で噂される自動売買ソフトの参入などが原因ともいわれます。

そのほとんどの指標がMovingAverageを基本とした計算式を用いて再計算し指標を構成しています。

あるいは、過去の価格変動の何%などという根拠のない気休めの指標が用いられている現状があり、

それらの全ては、1分足であれば最低でも5〜6分の時間経過を待たなければ指標として成立しない仕組みとなっています、

1時間足であれば、5〜6時間の経過を必要とすると言う意味なのです。

◆それでは、もっと早い段階で今後の相場変動を予測する手段は無いのでしょうか?

技術的な面から、方向を探知するには、固定されたA点と、固定されたB点、それと自分の位置X点の関係を計算する事で、

自分がどちらに向かっているのかを知る方法が用いられます。

それは、為替・株チャートでは一定の高値A点、一定の安値B点、移動する自分の位置(現在のローソク)の3点からも計測する事ができます。

その場合の問題点は、一定の高値と一定の安値をどのように決定するか?と言う問題点があります、

それは、過去の相場変動を見ればわかるように、上下に小さく、あるいは大きく変化しながら進んできているからです、

そこで、次の段階の設計(設定)に移ります。

◆上下に変化する高値A点、上下に変化する安値B点、上下に変化する自分の位置(現在のローソク)X点と定義します。

この三点の位置関係を計算する数式を用いれば、ローソクが5〜6本も追加される時間を待たなくても、

今後の相場変動のより未来に近い情報を得られるのではないのか?

それが、私のチャート分析革命の中心的な理論となっています。

その情報を補佐する指標が、‘足チャートの状況であり、■柑間足の状況であり、1時間足の状況である、

ぃ靴弔了間軸の動向を指標するものであり、ス垢忘任眩瓩相場変動を感知できる1分足の状況が補佐します。

以上で、場所や角度の違う6個の指標を用いることにより、

誰よりも早く、誰よりも正確に今後の相場変動の方向を確定しよう・・・と言う試みです。

◆さて、結果はすでに出てきていますが、まだまだ長い時間検証する必要があるでしょう、

それは、自分の資産の増減に直接関与するもんだいであるだけに慎重にならざるを得ません。

状況をYOUTUBE動画チャンネルをご覧頂きたいと思います。


TrackBacks

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://ryuuguu.net/forex/modules/wordpress/wp-trackback.php/179

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメント

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。

42 queries. 0.015 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

検索
新着リンク
高評価リンク
AMAZON検索