SQL/DB Error:
[Table 'aglocojapan_forex.8739nts_wp_blacklist' doesn't exist]
SELECT * FROM 8739nts_wp_blacklist WHERE regex_type = 'option'

NTS FOREX - NTS-FOREX-FX取引に関する新理論 : 2014年 01

WordPress 検索

ログイン
ユーザ名:

パスワード:


SSL
パスワード紛失

新規登録

WordPress 月別過去ログ

WordPress Link

AMAZON-P

AMZ1

日本人のためのベストセラー

FxPro

XM.com









AMAZON







本日のトップニュースブロック

本日のトップニュースはありません

WordPress 投稿者ブロック
WordPress 記事ブロック

2018年6月3日(日曜日)

分析システムの高度化

カテゴリー: - admin @ 12時20分04秒

FXチャート分析システムの高度化

FX取引のすべては、相場分析によって上昇するのか?下降するのか?

という2つの選択肢をもって、あるいは、予測することによって成り立っている世界である。

ここで問題点となるのは、上昇するのか?・下降するのか?それは何時までか?

それだけが求められる情報であり、その正確さによって利益は確保される世界である。

その他の何の要素がFX業界を動かしているとしても、チャートには正確な業績が記録される。

相場変動を予測する上で非常に大事なことは、人間の生活のリズム、会社経営のリズム、

そして国家維持のためのリズムが大きく関連していると言う事実だろう。

あなたが朝起きて寝るまでの工程を考えてみるとよいだろう。

会社が始業して終了するまでの工程を考えてみるとよいだろう。

それは場合によっては分単位で決定したり行動しなければならない場合もあるだろう。

しかし、分単位ではどうしても解決できない問題も含まれている、

たとえば、東京から大阪まで、1時間以内では移動できないので、

問題を解決するには最低でも1時間、つまり、1時間単位の時間に変更する必要がある、

それを、そのまま為替取引の現場における考え方に変換してみると、為替相場の変動が、人間社会と

どのように関わっているのかを実感できると言うものだろう。

為替相場の変動分析は、為替市場のテイック動向から始まる、秒単位で為替の売り買いの状況が記録されるのが

テイックチャートである、それではテイックチャートを見ていれば勝てるのか?

勝てる人もいれば負ける人もいるだろう。

1分足なら、5分足なら、15分足なら、考え方が同じであればチャート表示の形がどのように変わろうと

結果は同じだろうと言う推測が成り立つのである、

それならば、為替相場を正確に予測するための技術は無いのであろうか?

そこで考えられるのは、相場変動を診る視野を広く持つという事だろう、

1分足から5分足に変更することで視野は5倍に広がるが、そういう意味ではない、

相場変動の視野を広く持つ・・・という事を誤解している人が多いので勝てない人が多いのではないか?

私は、そのように為替取引する人々を分析しているのである。

此のことは私の為替相場分析システムの開発に大きく影響を及ぼしている事実である、

人間は間違いを犯すが、本当の間違いではなく勘違いも多いのである、

しかし、本当の間違いと勘違いの区別は非常に難しい、

そこに迷い込むと、ほとんどの場合抜け出すことができなくなり、疑心暗鬼の状態が続くだろう。

:hammer:


2018年3月22日(木曜日)

癌治療の本質を知ろう!


◆癌と言えば死亡率が高いと言う情報が多い・・・それは本当なのか?

自分で調べた訳ではないので何とも言えないが、私はしばらく免疫治療の情報を集めた時期があった

世界のトップレベルの癌学会では、今でも日本で行われている抗がん剤による治療や、放射線治療に疑問を呈する学者が多いようである

道理的に考えてみれば、癌細胞を攻撃して殺すと同時に、正常な細胞も殺すのでは意味がないと言えることがわかる

人間の体は生れた時から生命維持装置をもっていて、一定の時間を生きるように設計されている

その生命維持装置の大役を果たしているのが、免疫システムである

その免疫システムの能力は、生まれた時に母親の母乳により、母親の免疫システムの殆どを受け継ぐそうである

それでは、母親の母乳を飲まなかった子供はどうなるのか?

母親の免疫の歴史(病気との闘い)を受け継がなかった場合は、最初から自分で経験しながら

病気と闘いながら免疫システムが勉強し経験し、病気に対する抵抗力を積み重ねる事になるそうである

それは、自分の体にある免疫細胞が活動しやすいように生活環境を考えながら生きる必要があるという事である

人間の病気は、親から受け継いだ先天的な遺伝子による病気と、自分の生活環境によるものとに分類できるようである

先天的な問題はここでは置いておくとして、

生活環境による病気は自分自身が注意すれば、ほとんどの病気は患わなくても良いし、直すこともできる事を認識する必要がる

呼吸する空気、飲み水、食べ物、精神状態の安定などが考えられる

これらを意識的に良い方向に向けて努力する事で、多くの病気を予防したり直したりできるはずである

私が自薦しているのは、まず躰の60%以上を占める水分の浄化である、良い水、清らかな水を体に満たす

ミネラル水しか飲まない使わない事、市販されている水分を含む製品は全て薬品処理がなされていると考えたほうが良い

その他の食品も利益優先、社会維持のために数百種類に及ぶ化学薬品が使用されていると聞いている

そこで、私は家庭菜園にいそしみ、自分が栽培した野菜以外はほとんど口に入れない事を心がけている次第である

どんな病気の場合でも、病院に行き医者に診てもらえば、日本の医療システムのコンベアーに乗せられて運ばれてゆく

場合によっては、棺桶に一直線である

間違った薬品を飲ませようが、間違った治療をしようが、医療システムは健全であると法的にも守られるだろう

癌宣告を受けると、患者は病院を信じ、医者を信じ、右往左往してついには命尽きるのが運命である

ガン宣告を受けたら、癌から助かった人の意見や情報をみる事にしよう

それが偽物の情報で有ったとしても、死のベルトコンベアーに任せるより利口と言うものだろう

参考資料

4Life   トランスファーファクター  ブロリコ


2017年11月20日(月曜日)

FX取引のリスク分散とは?

カテゴリー: - admin @ 12時45分53秒


◆ FX取引のリスク分散とは>

リスクを分散させる目的は、成果をより大きくするために用いる手法ですね。

貴方がリスク分散すると言う言葉をどのように捉えているのか?

そのことによってFX取引の命運は大きく異なってくるのではないでしょうか?

◆ 私の考えでは、fx取引のリスクを分散して集中した利益を得るための方策は、

いくつかの分野に亘って実行されるべき問題だと思っています。

◆ 第一番目のリスク分散、あるいはリスク回避の対策としては、

一つのテクニカル分析に頼らない、いくつかの分析システムの総合的結果を用いるべきだと考えています。

勿論、一つの指標で良い結果を出せるのならそれでよいのですが、

相場変動は、そんなに簡単なものでは無いという事を嫌というほど知っている人にしか語れない問題です。

結論として、いくつかの指標結果を総合的に判断する事と、あるいは、複数のテクニカル分析を組み合わせて用いる、

などの分析手法のリスク分散という事に落ち着いてくるのです。

◆ 次の段階では、取引ロット数のリスク分散です、

利益を急ぐあまりに大きなロット数の取引を進めれば、利益も大きいが損金も大きいと言う結果となります。

鳥h気ロット数を、2分割3分割して売買を進めれば、

相場判断のグレーゾーンを調整する事ができるので、損益のリスクを分散する事ができるでしょう。

◆以上の段階がクリアーできてから臨むことが、取引通貨の分散です、

一つの通貨だけでなく、複数の通貨で取引を進める事により

テクニカル分析結果のリスク、取引ロット数のリスク、これらを総合的にリスク分散する事ができるでしょう。

逆に言えば、一つの通貨で勝てない人が複数の通貨で取引すれば勝てるチャンスが増えると言う考え方では、

前進する事は出来ないだろうという事になります。

FX取引におけるリスク分散とは、どのような事を指しているのか?

今回は、このm、音大についての意見です。


2017年9月5日(火曜日)

◆歯槽膿漏は自分で治せる(完治済み)

◆歯槽膿漏は自分で完治できる(実証済み)


◆日本の歯医者のほとんどは、歯の掃除をするだけの藪医者が開業しているだけが現実、

もちろん、歯槽膿漏の治療などできるはずもなく、ただ、予防予防と注意を喚起するだけですぐに抜歯して入れ歯で終了。

入れ歯をしたことのない人は、自分の歯と使い心地は変わりないだろうと歯科医師の意見を最良と信じて、

抜いて入れ歯、抜いて入れ歯、を治療だと勘違いしている模様である。


◆そんな状況であるから、ほとんどの歯科医師は賠償問題に発展した場合に責任が取れないので医師会に入れてもらえないらしい、

つまり、歯科医師会に入っていない歯科医は藪医者である・・・ということになるのかな?


◆現在の日本の医療体制では、信頼できる本当の歯科医師を探すのは非常に困難であると言えるのだろう、

私の場合も、5軒、6軒、とひどい扱いを受けてようやく見つけた信頼できる歯科医が、このHPのリンクに掲載している歯科医である。

ついでにパートナーサイトにも登録しておいたので、参考にされると良いと思う次第である。


◆さて、本題に移ろう・・・最初は歯茎から血が出たり、歯茎がぐらぐらするところから歯槽膿漏を知ることになる、

最初に信頼できる本物の歯科医師を見つけ出して、意見を聞いたり、治療の方針を詳しく説明してもらうことも重要である、

それでも、患者本人の意識やスケジュールの問題もあり、歯医者で歯槽膿漏が完治するまで治療してもらうのは不可能に近いだろう。


◆信頼できる歯科医師の処置に加えて、患者自身が本当に直そうと自宅でも努力する姿勢が必要である、

まず、治療を進めるために、リステリン、ConCool(コンクール)、を薬局で買い求めておこう。

毎日1回以上は、この2種のうがい用医薬部外品を使用するのであるが、

最初にリステリンを口に含み(くちゅくちゅ)を繰り返し、5分間以上口に含んだままにして吐き出す、

この時点で、汚れが多い場合には、同じことを2回以上繰り返そう。


◆リステリンによる口内の掃除と消毒が完了したら、続いてConCoolでも同じことを繰り返すのである。

(くちゅくちゅ)してすぐに吐き出すのは、ほとんど効果がない、5分から10分間、口に含んでおく必要があるようだ。


◆以上の作業が順調に繰り返し行えるようになったなら、

次の段階では、上の作業で薬液を口に含んだまま、歯茎を顔面から指圧する方法を習得しよう、

薬液を口に含んだまま、下を向いた状態で、顔の皮膚外から歯茎を一本づつ指圧する、違和感のある部分は特に念入りに、

行うのである、これで合計20分間から30分間の時間をかけて歯槽膿漏の自宅治療に励むのである。


◆人によっては、少し面倒かもしれないが入れ歯の不便さがわかっているなら我慢して頑張るしかないだろう。

1週間、1月もすれば歯茎の締まりを実感できるし、何よりも前述の歯医者が(びっくり)するだろう。

歯医者にもできない歯槽膿漏を完治させた実例、実話である、70歳を超えても全部自分の歯で、

鳥の軟骨なんかも、(こりこり)と美味しく楽しんでいる毎日なのである。

・・・終わり・・・


2017年8月29日(火曜日)

◆テクニカル分析の問題点

カテゴリー: - admin @ 09時33分20秒

◆テクニカル分析の問題点

テクニカル分析、相場分析システムを研究するといくつかの問題点にぶつかります。

テクニカル分析システムを構築する段階では、色々の指標プログラム、MT4に許可された関数や指数を利用しますが、

分析システムそのものの問題ではなく、

分析結果による運用上の問題点が見つかるのです。

◆どのような指標にしろ過去のチャート上に起こった現象を分析するシステムの宿命的なもの、

8月29日朝に起こった1200Pipsを超えるようなトレンドが一気に起こった場合には、

指標の多くが計測の限界点に達したり、飽和状態となる可能性があります、

それは特に指標感度を上げるために、ティック指数や秒単位あるいは分単位の指数を使用している場合、

特に顕著に現れます。

◆同時に相場的にも、予測通りであったり、不測のトレンドであったりすれば、

当然、売買する人々の心理状態にも影響を及ぼすので、

このようなトレンドが起こった場合には、指標の状態に関わらず、しばらく間を置くべきでしょう。

ほとんどの場合、大きな相場変動の後には、しばらく方向性の見えないレンジ相場が続くのですが、

その場を、どのように対処するかで、今後のトレードに大きな影響を及ぼすことが多いという事でしょう。

FX取引では何事が起ころうとも、騒がない、動揺しない、常に冷静さを保ち、間を空ける事が大切となるでしょう。

◆冷静さを欠いた取引が、大きな後悔を残す結果とならないように、

多くのトレーダーが何度も、何度も経験したであろうこの問題を、冷静に乗り切り、

失敗を繰り返さない事が、FX取引にとって非常に重要な問題点だと言えるでしょう。


WordPress 最近のコメント

2014年1月31日(金曜日)

洗脳を防止しよう!

カテゴリー: - admin @ 20時59分59秒


■洗脳を防止しよう!

:lol:洗脳とは、人の思考力や判断力を一定の方向に偏向させる事や行為を言います。
同じ事を100回も見聞きすれば、人はいつしかそれが本当のこと真実だと思うようになるそうです。

貴方はなんらかの宗教団体に属していますか?

貴方は特定の新聞だけを読んでいますか?

貴方はテレビを良くみますか?

貴方は事件の報道や世間一般の見識に関する問題を判断するときに、複数の情報を確認していますか?
一つだけの情報や特定の情報源から物事を判断するのは非常に危険です。

あのNHKが、日本の特定秘密を中国に流し続けていた、流し続けている事実が明らかになり、
日本国民から徴収した視聴料で反日行動を取っていた事が明らかになりました。
中国や韓国の反日行動や言動の源がNHKが流した情報にあるとしたら大変な問題です。
【NHKを解体しよう!】と言う運動が高まっているようです。

国会議員の中にも多くの外国人勢力が潜入していて日本転覆のために活動しているとしたら、
貴方はどうしますか?

ソフトバンク、Yahooの【孫正義】と言う人物も、その正体が明らかとなってきました。
被災地見舞いや義捐金の嘘、顧客情報のたたき売り、顧客のデータセンターを韓国に移転する話まであり、
振り込め詐欺の犠牲者の70%はソフトバンクの顧客だったという恐ろしいニュースを、
だれも報道しない事に疑問を持たなければなりません。

朝日新聞や毎日新聞も、そしてTBSも日本人を追い詰めるための道具として機能しているとしたら、
これは国民洗脳システムと呼べるものです。

同じようにFX関連の情報も気をつける必要があります。
【カリスマトレーダー】のような記事を読み続けると嘘も本当のことと信じるようになり、
いつまでも立ち上がれないまでに洗脳される恐れがあるのです。

データだ!実績だ!と常に見せ付けられると、本物だと考えるようになるでしょう。

貴方が洗脳されたロボットにならないために、多くの情報を再確認する必要があるでしょう。


2014年1月22日(水曜日)

1月22日為替概況

カテゴリー: - admin @ 22時14分14秒

◆中央銀行の政策が市場をリード  USDは、今朝、通貨を動かすような米国のニュースが特にないにも拘わらず、全般的に低下した。米国株、債券、FF先物は、ほとんど変わらずとなったため、市場に対する明らかな方向性は何ら示されなかった。

◆AUDは、第4四半期のインフレ率が、前四半期比+0.4%との予想よりもかなり高い、前四半期比+0.8%を示したことを受けて、最も大幅に上昇した通貨となった。
これにより、前年比は2.7%となり、オーストラリア準備銀行の2%〜3%のレンジの上半分に達したことになる。
このため、特に国内材およびサービスが、輸入材(+1.0%)に比べ、かなり加速度的に上昇するなかにあって(前年比3.7%)、RBAは今後利下げを実施するのがより困難となる。

◆最近のAUDの下落が、輸入品にも影響を及ぼすにつれ、インフレ率全体をさらに押し上げるだろう。
これにより、RBA総裁のスティーブンス氏は、最近、AUDの低下の主な原因となっていた通貨に対する発言を慎まざるを得なくなる可能性がある。
私見では、インフレ率の低下は単なる地域的な現象ではなく、世界的な現象であるため、RBAは、一四半期のわずかな上昇を懸念することはないと考えられる。
したがって、彼らがAUD安に向けたキャンペーンを中止することはなく、AUDは引き続き下落するだろう。

◆日銀が、昨日終了した政策決定会合で新たな政策を採用しなかったことを受けて、昨晩、JPYも対USDで上昇した。
日銀が何らかの政策をとると予想していた者がいるとは思えないため、これは利食いの単なる口実に過ぎないのだろう。

大半の指標が全般的に日銀の予想する方向に動きつつあるため、同行は、さらなる何等かの政策を採る前に、今年の消費税引き上げ後の経済の反応を捉えるまで待つ可能性が高いと考えられる。

◆JPYは、特に(私の予想通り)FRBが今月の会議で債券買入の縮小を続けた場合には、近い将来再び弱含み始めると予想される。これによって、より多くの投資家が、USDでの資金調達からJPYでの資金調達への切り替えを促されるようになり、JPYはさらなる下落の段階に入ると予想される。

一方で、市場が、本日のカナダ銀行の会議を折り込んだため、CADは、この日の安値からは回復したものの、対USDでの主な敗者となった。エコノミストは、全員一致で、カナダ銀行が指標金利を1.0%で据え置くと予想しているため、焦点は、会議後の記者会見になるとみられ、ポロズ総裁が、将来的な金利の引き下げに関して何等かの手がかりを提示するかどうかが注目されるだろう。

私の見解では、カナダ銀行が、より緩和的な政策を選好することを確認すれば、CADにとってさらなる下落圧力となる可能性が高い。
米国には雪と極寒の気温が再来し、天然ガスが再び上昇した。

◆USDの低下にも拘わらず、金と銀はいずれも急激に低下した。プラチナでさえ低下した。またもや貴金属に対するセンチメントとしては、芳しくない兆候である。

欧州の日中、投資家の焦点は、英国の失業率の発表となるだろう。
11月の失業率は、10月の7.4%から7.3%に低下するとみられ、イングランド銀行が利上げを検討する閾値となる7.0%に近付くことになる。

同行は、閾値が達成された後も、特にインフレ圧力の懸念がない場合は、緩和政策を続ける意向であるとしているものの、市場は、今回の発表に対して前向きな反応を示すと予想され、GBPは押し上げられるだろう。

また、イングランド銀行の1月の会議の議事録も発表される。
米国から唯一発表される指標は、1月17日に終了した週のMBA住宅ローン申請件数である。

発言者では、スウェーデン国立銀行のヤンソン副総裁が、あるセミナーで経済情勢に関するプレゼンテーションを行い、イングランド銀行のイアン・マッカファティー氏が、ノッティンガム・ビジネス・スクールで発言する。


2014年1月21日(火曜日)

1月21日為替概況

カテゴリー: - admin @ 09時01分40秒

◇USDは、月曜日の静かな取引の中、若干下落した。

欧州の午前中、市場に影響を与える大きなニュースが見当たらなかったことから、
ほぼ、オーバーナイトでのかなりの上昇の後に生じた利食い売りとみられる。

この主張を支持するかのように、NOKとJPYと2つの通貨に対してのみ、USDは上昇した。

金曜日と月曜日の早朝、USDはこのふたつの通貨に対して下落していたのであった。

一方、対AUD、CHF、EUR、CAD、NZDなど、今朝、上げて始まっていた大半の通貨に対しては小幅な下げとなった。

◇GBPは、対EURではかなり安定的に推移したものの、対USDでは引き続き上昇した。
欧州の株式市場は下げたが、それほど急激ではなく(Eurostoxx50は-0.2%)、米国債利回りは変わらず、S&P500先物はほとんど変わらず(-0.03%)となったため、その他の市場からの通貨市場への影響はほとんどなかった。

このようにどっちつかずの環境下で、米国におけるUSDのパフォーマンスは、センチメントのみに主導される可能性が高い。
一般的には、米国時間において最近良好ではあるが、結果は誰にも分からない。
昨晩の最大の動きを示したもの−そしてまさに欧州の午前中の最大の動き−は、プラチナであった。
南アフリカにおける労働紛争の憶測から、プラチナは急激に上昇している。

ニュース報道によれば、少なくとも7万人の組合員が、1月23日にプラチナ鉱山でストライキを行うと予想される。
ストライキの影響のある地域は、プラチナの世界生産量の約70%を占める。

いくつかの組合が、鉱山労働者の忠誠心を競っており、結果を出すことができることを示したいとみられるため、このストライキはしばらくの間続く可能性がある。

しかし、企業側は、かなりの期間をかけてストライキに備えてきており、需要を満たすために利用できる大量の備蓄を持ち合わせているため、予想されているほどの供給危機は起こらないだろう。

◇プラチナは、12月20日以来、短期的な上昇トレンドにある。金曜日、プラチナはどうにか最近の高値である1445と、12月10日〜20日の下落の161.8%フィボナッチ・イクステンション水準を上回った。

価格は引き続き上昇し、1480(R1)のバリアーと前述の下落の200%イクステンションの間のレジスタンス領域を試すとみられる。
この領域を上方突破すれば、さらに大きな強気な兆候になる可能性があり、次のハードルである1500(R2)を目指す可能性がある。

しかし、RSIが買われ過ぎの領域にあるため、価格の戻しは、オシレーターが、極端な領域から脱した場合に生じるだろう。日足チャートでは、価格が長期的な下落トレンドライン(水色の線)を突破し、さらなる上昇の可能性が増大している。


2014年1月20日(月曜日)

1月20日為替概況

カテゴリー: - ryuuguu @ 20時51分18秒

◆米国の指標は11月の水準を下回ったものの、10月の水準は上回った。
再びどっちつかずの米国のデータが、市場にまちまちな反応を引き起こす一日となった。
株価は下落し、債券(価格)は上昇したが、それにも拘わらずUSDは大半の通貨に対して上昇した。

投資家は、米国および米国の資産に対して自信を抱いているように見受けられる。
米国から報じられるまちまちなニュースと株価の下落にも拘わらず、
投資家は、欧州株および欧州債の上昇をさらに追求することには二の足を踏んでいる
(S&P500 が年初来-0.5%であるのに対し、欧州のStoxx50は、現地通貨換算で年初来1.5%上昇している。

また、日経指数は、年初来、現地通貨換算で4%下落しており、こちらも投資家を引き付けてはいない)。
米国の12月の指標は若干軟調であったが、それでも多くの指標は、10月より良好であったため、
トレンドは引き続き上昇基調であるように見受けられる。
量的緩和縮小への期待が再び高まっているため、来週のFOMC会議に掛けて、USDに対しては、引き続き充分な引き合いがあると予想される。

米国債利回りの上昇によるUSDに対するサポートはある程度失われつつあるものの、USDは上昇しつつある。
米国債利回りが再び上昇するにつれ、USDはさらに上昇するだろう。
米国の住宅着工件数は、11月に急激な伸びを示した後だけに、12月は予想通り軟調であった。

また、建築許可件数も減少した。
鉱工業生産指数は、前月より小幅な伸びとなり、予想通りの水準となった。
ミシガン大学消費者信頼感指数も弱含んだ。
しかし、JOLTS調査(求人および転職調査)は、米国で11月には、前月を7万件上回る400万件の求人があり、
市場の予想を上回ったことを示した。
これは、2008年3月以来の高水準であり、雇用情勢が確かに改善しつつあることを示しており、
ベージュブックなどのその他のあらゆる調査による楽観的な見方に拍車を掛けた。とは言うものの、
株式市場は、中でもGE、インテルなどいくつかの期待外れの収益を受けて下落し、
10年物米国債利回りは、2014年の最低水準である2.82%まで下落した。

USDは、米国の利回り低下にも拘わらず、大半の通貨に対して、幅広く上昇した。
ただし、例外はJPY、NOK、GBPであった。

EUR/USDは、米国の日中に2014年の安値を更新し、
若干回復したにも拘わらず、引き続き終値ベースで年初来の安値となった。
一方、市場が、水曜日のカナダ銀行会議に向けてリスクプレミアムを折り込み始めるにつれ、

USD/CADは、1.10に向けて推移した。

NZDは、米国の日中に弱含み、ウェリントンを小規模な地震が襲った後、
さらに低下した。AUDも下落したが、中国が第4四半期のGDPについて予想よりも若干良好な数値を発表した後、
その損失幅の一部を取り戻した。

AUDと中国のデータとの間の相関は、最近弱まりつつあるように見受けられる。
鉱工業生産指数、固定資産投資、小売売上高などその他の中国のデータは、ほぼ予想通りであり、
中国における成長のペースがほとんど変わっていないことを示した。

GBPは、予想よりも大幅に良好な小売売上高が金曜日に発表されたことを受けて、引き続き上昇した。

相次ぐ中国のデータの後、本日の予定はそれほど多くはない。
ドイツの12月のPPIは、11月の前月比0.1%の下落に対し、前月比変わらずとの水準が予想される。
発言者は1名のみ予定されている。スウェーデン国立銀行の副総裁であるマーティン・フローデン氏は、
経済情勢と金融政策の役割について発表する。

しかし、今週のその他の日は、かなり忙しい。火曜日の焦点は、ドイツの1月のZEW景況指数となるだろう。
同指数は、現況および予測共に上昇を示すと予想され、
EURを一時的に支える可能性がある。その日早い時間には、ニュージーランドのCPIが、若干低下すると予想されている。
水曜日には、日銀が、政策決定会合を開催し、金融政策声明を発表する。
オーストラリアは、第4四半期のCPIデータを発表する。

欧州の日中の焦点は、英国の11月の失業率になるとみられ、さらに低下すると予想されている。
これは、GBPのモメンタムに拍車を掛ける可能性がある。
また、カナダ銀行の金利決定も焦点となるだろう。

イングランド銀行の直近の会議の議事録も発表される。
木曜日には、PMIが発表される。
中国が、1月のHSBC製造業PMIでスタートを切り、フランス、ドイツ、全ユーロ圏がこれに続き、製造業、サービス業ともに、同月の速報値が発表される。

ユーロ圏からは、1月の消費者信頼感指数も発表される。
米国からは、11月のFHFA住宅価格指数と、12月の中古住宅販売が発表される。

最後に金曜日には、英国のBBA住宅ローン申請件数と、カナダの12月のCPIが発表される。


2014年1月19日(日曜日)

NTS-Matrix-Bandの使い方

カテゴリー: - ryuuguu @ 22時13分00秒

◆NTS-Matrix-Bandの使い方
NTS-Matrix-Bandは、01から05までを用意しています。

いずれもHigh&Lowバンド4組を組み合わせた複合バンドとなっています。
相場の高値と安値を計測しながら連続したバンドラインをチャート表示しますが、
基本Periodとバンドの間隔をセットすると、その数値から4段階のバンドを自動的に形成します。

チャートの時間軸や相場の状況に応じて、パラメータ変更をしないでも良いように5機種を作成しています。

◆適正なバンドを使用する事により、
高値ラインがローソクに近づいてくる状況を見れば、相場の上昇と下降が良く見えるようになりますし、
上昇や下降がストップする状況も手に取るように見ることができます。

◆単純な指標も同じものを数個積み重ねて見ることで相場の予測確率は上昇します、
また、種類の違った指標を組み合わせる事により、
同じ価格変動を別の角度から見ることができるようになるので、これも予測確率の向上に繋がります。

◆以上のような観点から、
NTS-matrix-AAX-Band,NTS-Matrix-ABX-Band,では、
HLバンド、フローティングバンド、TAVライン、EMAライン、の組み合わせによって、
相場変動を複数の分析関数で計測する手法をとっているのです。

◆相場変動を正確に分析するためには、以上のように複数の分析関数を用いる他、
より正確にするためMTF仕様とする他に時間軸専用分析と言う手法も採用しています。

これらの指標システムは使い込む事によって、相場予測の確率は使うほど向上してきます。
そのため、できるだけ同じ分析システムを長い期間使用してみる事も、
FX取引の成功のための条件となりえます。


2014年1月15日(水曜日)

負ける理由とは?

カテゴリー: - admin @ 12時57分17秒

:???:FX取引を何度繰り返しても負ける理由とは?

その最大の原因は、口座資金に対する取引ロット数の規定値を守らない事が原因です。

取引技術の向上なくして金銭欲だけが先走っている結果と言っても良いでしょう。

会員メルマガでも指摘や警告をしているにも関わらず規定ロット数を守らない結果だと言えるでしょう。

:shock:どのような場合でも、取引ロット数を小さくしておけば、絶対に勝つ事ができるのです。

負ける原因がストップロスに引っかかるからであるなら、ストップロスを設定しなければ勝てます。

何故なら国際通貨間の売買ですから、相場はほとんどの場合戻ってきます、

どうしても戻ってこない場合だけ損きりを実行すればそれでよいのです、

戻ってくる期間が長いから、

待ちきれないから、負けるのだと言う事に気付いていながら負けるのは、

誰にもどうにもできないので、自分の性格を変えるしか方法はありません。

そういった事が基本にあって、

長く待たなくても利益が出せるようにテクニカル分析を学ぶのですから、手順を間違えては駄目です。


2014年1月7日(火曜日)

M5スキャル売買を楽しもう!

カテゴリー: - admin @ 23時43分15秒

:arrow:ここではM5チャートによるスキャルピング売買の方法をお伝えします。
チャートとにらめっこしていても、H1チャートでは一本のローソクが完成するのに1時間かかり、
5本6本と進む事で過去の相場状況と照らし合わせて予測結果を売買に反映させる必要があるので、
かなりの熟練を要する事になります。

:roll:比較的簡単に行なえるのが短期売買法ですが、M5チャートでは変化が早い分リスクも高くなります。
M5チャート売買では失敗しないための法則を絶対的に守る必要があるのです。

:Pここでの売買では、売りと買いを混合した売買を行わない、つまり1方向のみのエントリーに徹する事が必要です、
何故なら、短期勝負なので口座資金に対する投資額を大きくしなければ金額を稼ぐ事ができません、
M5チャートで長期的な相場変動の予測を行なう事は困難であり長期勝負を仕掛ける事ができないので、
どうしても少ないPips移動で素早く稼ぐ必要があるからです。

:shock:最初にエントリー方向を決めなければなりません、
エントリー方向は、長期予測方向と一致させる必要があります、何時大きな価格変化が起こるかわからないので、
変動方向が入り乱れている場合には非常に危険な取引を行なう事になるので、
MACD7で少なくても短い時間軸4軸以上が一致している通貨だけを選定して売買を行いましょう。

上昇相場と判断したら、M5チャートのUDSバンドでしっかり下降した事を確認してから【買いエントリー】します。
ローソク5本から10本までには手仕舞いする感覚でしっかりチャートを監視する事が必要です。


53 queries. 0.023 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

検索
新着リンク
高評価リンク
AMAZON検索